グランドセール SUS316L 【1個入】 M42x270 六角ボルト(半ねじ) 六角ボルト

グランドセール SUS316L 【1個入】 M42x270 六角ボルト(半ねじ) 六角ボルト
グランドセール SUS316L 【1個入】 M42x270 六角ボルト(半ねじ) 六角ボルト
nejinejikun/a2016942027000-1-19772-bfA
12,767円 21,279円
六角ボルト 半ねじ(SUS316L)(小箱), SUS316L 六角穴付きボルト M6x50mm 4本入り 半ネジ :200020461 , お買い得六角ボルト-ステンレス・箱販売- | THE | MISUMI-VONA , SUS316L 六角ボルト(半ねじ) 六角ボルト(半ねじ)なら 【40個入 , 楽天市場】ステンレス 六角ボルト(半ねじ) M12x65 【10個入】 : ねじ , 六角ボルト 半ねじ|ネジ・ボルト・ナットの通信販売専門 バラ単品も

■説明:一般的なステンレス(SUS304等)の六角ボルトより耐食性の良いSUS316L製の六角ボルト。スパナやレンチを使用して締め付けします。ねじ部は半ねじとなります。■規格:JIS B1180附属書に基づいています■材質:SUS316L■SUS316とSUS316Lの違いについて:SUS316を加工しやすくするために炭素Cの量を低くしたものがSUS316Lとなります。「L」はローカーボンを表します。規格はSUS316はC 0.08%以下、SUS316LはC 0.03%以下となりますので、SUS316の指定に対してSUS316Lを納品することは問題ございません。■寸法の呼び方:(ねじの呼びd)x(長さL)

■説明:一般的なステンレス(SUS304等)の六角ボルトより耐食性の良いSUS316L製の六角ボルト。スパナやレンチを使用して締め付けします。ねじ部は半ねじとなります。
■規格:JIS B1180附属書に基づいています
■材質:SUS316L
■SUS316とSUS316Lの違いについて:SUS316を加工しやすくするために炭素Cの量を低くしたものがSUS316Lとなります。「L」はローカーボンを表します。規格はSUS316はC 0.08%以下、SUS316LはC 0.03%以下となりますので、SUS316の指定に対してSUS316Lを納品することは問題ございません。
寸法の呼び方⇒(ねじの呼びd)x(長さL)

六角ボルト 半ねじ(SUS316L)(小箱)
SUS316L 六角穴付きボルト M6x50mm 4本入り 半ネジ :200020461
お買い得六角ボルト-ステンレス・箱販売- | THE | MISUMI-VONA
SUS316L 六角ボルト(半ねじ) 六角ボルト(半ねじ)なら 【40個入
楽天市場】ステンレス 六角ボルト(半ねじ) M12x65 【10個入】 : ねじ
六角ボルト 半ねじ|ネジ・ボルト・ナットの通信販売専門 バラ単品も

楽天市場】SUS316L 六角ボルト(半ねじ) M42x270 【10個入】:ねじねじ
六角ボルト 半ねじ|ネジ・ボルト・ナットの通信販売専門 バラ単品も
六角ボルト 半ねじ(SUS316L)(小箱)
SUS316L 六角穴付きボルト M6x50mm 4本入り 半ネジ
SUS316L 六角穴付きボルト M6x50mm 4本入り 半ネジ :200020461
SUS316L 六角穴付きボルト M6x50mm 4本入り 半ネジ :200020461
SUS316L 六角穴付きボルト M6x50mm 4本入り 半ネジ :200020461
商品の詳細 (サイズ一覧) | 「鉄 六角ボルト」商品の選択 | 「ボルト
お買い得六角ボルト-ステンレス・箱販売- | THE | MISUMI-VONA
SUS316L 六角穴付きボルト M6x50mm 4本入り 半ネジ :200020461
楽天市場】ステンレス 六角ボルト(半ねじ) M12x65 【10個入】 : ねじ
SUS316L 六角ボルト(半ねじ) 六角ボルト(半ねじ)なら 【40個入
六角ボルト 半ねじ|ネジ・ボルト・ナットの通信販売専門 バラ単品も
お買い得六角ボルト-ステンレス・箱販売- | THE | MISUMI-VONA
楽天市場】ステンレス 六角ボルト(半ねじ) M12x65 【10個入】 : ねじ
SUS316L 六角ボルト(半ねじ) 六角ボルト(半ねじ)なら 【40個入
お買い得六角ボルト-ステンレス・箱販売- | THE | MISUMI-VONA
六角ボルト 半ねじ|ネジ・ボルト・ナットの通信販売専門 バラ単品も
お買い得六角ボルト-ステンレス・箱販売- | THE | MISUMI-VONA
商品の詳細 (サイズ一覧) | 「鉄 六角ボルト」商品の選択 | 「ボルト
評価数:150万件
評価数:2億7千7百万件

アプリの完璧さをご確認ください。

完璧ですね これはいただけません

YKKAP 多機能ポリカルーバー 引違い窓用本体 標準 幅1690mm×高さ1200mm 1MG-16011 上下分割可動 『取付金具は別売』

見てしまったのです私。そりゃもう、大変なものを。

衛星放送にディスカバリー・チャンネルという、ほぼ世界中に配信されている国際的なテレビ局があります。看板番組のひとつが邦題「アンソニー、世界を食らう」という、アンソニーなるニューヨーク在住の人気シェフであり作家であり、旅行家のオヤジが世界各国様々な場所に出かけては、ひたすら現地で愛好されている食生活を体験する、一度見たらハマること間違い無しという旅番組シリーズがあります。

つまらない芸人や芸能人が出て来て、何食べても一口で「おいしーいぃぃぃぃ♥」などと垂れ流す、日本のエセグルメ番組とは、まるっきり別世界。屋台のストリートフードから目玉の飛び出る世界的な高級店まで、国籍や値段、素材、他人の評価に関わらず、不味いモノはマズイ、旨いものだけを旨いと認めるため、歯に衣着せぬ毒舌を交えて食べまくります。時には東南アジアの奥深く、時にはヨーロッパ、そして南米の別天地へ。もちろん日本にも何度も来ています。何だこりゃ、というゲテモノも出れば、誰も知らないような幻の超高級食材も飛び出しますが、そこは皮肉屋のニューヨーカー、アンソニー氏、権威や評論家の意見などモノともせず、ひたすら自分の舌だけを信じて食い歩くのです。しかも、なかなか褒めない。認めない。いかに高価な料理でも本人がNGなら、「こんなモノ喰うなら、ニユーヨークで寝ていたほうがよっぽどいいね」などと、呆れ顔で落胆、平気でため息をつく。それだけに珍しく彼が「旨い!」と発言する料理ときたら、見ているだけで本当にヨダレが出ます。出まくります。

その毒舌オヤジ、アンソニー氏が「ああもう、この街は世界一旨いよ。どの店でなにを食べても、旨い。最高だよ。ここに住みたいね」と褒めちぎった街があります。

それがスペイン、その街の名はバルセロナ。

その番組を私はたまさか見てしまったのです。

よし、スペインに行こう、バルセロナだ、もう決めた。で、飛びましたぞ、25年ぶりのスペイン、バルセロナへ。

まずは、バルセロナの市場へ直行!!

知らない街に来たら、私の場合まず市場です。そのために、バルセロナでとった宿は市場から歩いてすぐのところ。時差ボケをこらえて朝一番で「さぁ、どんな市場だ、待ってろバルセロナ!!」(あはは、すでにバルセロナに到着しているのですが…)。

宿を出て歩いてすぐそこがバルセロナ市内一の観光繁華街、ラ・ランブラ大通りでした。そこは東京・表参道の小綺麗な並木道が、ちっこいオモチャに思えるほどバリバリと押し出しの効いた、立派な街路樹がこれでもかと茂る、豪奢かつ伝統の香る大人な大通り。しかも、この辺りがバルセロナのすんごいところだと後々、思い知らされる事になるのですが、歩道が車道の何倍も広々ととってあり、並木道のど真ん中、木陰のまさにその下が歩行者専用。人が主役です。車は並木道の両脇に用意された、わずか一車線の狭い道を、どこかすまなそうに往来するという、ま、どこかの効率優先の元経済大国とはエライ違いです。

その気持のいい並木道の中央近くに、バルセロナの大看板「ボケリア市場」がありました。朝八時前からやっている市場は、もう観光客やら何やらで、ごった返しの大盛況です。市場のアーチをくぐると、出ました、まずはスペイン名産の生ハム専門店が怒濤のディスプレイ。ハモン・セラーノ、ハモン・イベリコ・ベジョータ、足一本丸ごと屋台の軒先にずらりとぶら下がり、ショーケースにはギロリと旨そうな脂が光る、生ハムスライスだの、生ハムを専用のナイフだの、なんだか分からない器具だの、ずらずらずらと並び、のっけからポッと出の観光客を圧倒して来ます。

人混みをかきわけ、さらに進むと、ああ、もう大変だ。赤々としたエラまで見せて新鮮さをアピールしている魚、タコ、貝などの魚屋、隣にぷりぷりと美しい数えきれない程の野菜の数々を絵画のように見せつける八百屋、カカオ豆の含有量を自分で選べるチョコレートの専門店、立ち食い用のスティックフルーツや生ジュースまで取り揃えた、豊かとしか言いようのないラインナップの果物専門店。しかも、たっぷり入った立ち食い用の苺の盛り合わせが、たったの一ユーロ、100円以下です。さらにパン屋に花屋に、屋台のバー、食堂、甘いもの専門店、肉屋などなどが迷路のなかにひしめき合い、市場を埋め尽くす人々のスペイン語、ドイツ語、英語、イタリア語、フランス語、韓国語、日本語、中国語、聞いたことない外国語…、多種多様な言語が市場の天井にわんわんと響き渡ります。

文字通り、世界の人を魅了する市場。はぁ〜、こりゃ、凄いね。圧倒され、ちょっとばかり歩き疲れて、市場の中にあるカウンター式の小さな食堂に腰掛け、ワインと食べものを適当に頼みました。これが本日の朝飯です。出て来たワインを一口飲んで、また目が丸くなりました。「旨いぜ、これ」。ワイン好きの連れも「あ、おいしい」と、目をパチクリ状態。すぐに出て来たジャガイモとイワシのオイル煮がまた、おいおいおい、という旨さ。そのソースにパンをつけて…と、ワインが進んで困ります、まだ午前中なのに。10席もないカウンターだけの店には、中で働く男達が三名も。人気店なんでしょうね、きっと。店主らしきオヤジに市場の仲間らしき男が「アントニオー!」などと声をかけて、市場の活気に花を添えていきました。

さてさて、その後数日間というもの、市場に有名レストラン、知り合いから聞いた街の新進気鋭の店などなどバルセロナを食べ歩いてみました。国際的食道楽オヤジ、アンソニー氏の云った事は、果たして本当なのかと。

…本当でした。衝撃です。私は、正直、うろたえました。その昔、スペインを旅した時、特にフラメンコと闘牛で有名なアンダルシアでしたが、どこの店に行っても単調な揚げ物と似たような料理のオンパレードに「ああ、ここで日本のカツ丼が喰えたら、10万円出してもいい」と愚かにも渇望したほどでした。その時とはエライ違いです。お隣の国イタリアは世界に誇る旨いもの大国で、食いしん坊の私も何度か行ったことがありますが、いやはや、バルセロナ界隈しか分かりませんがサッカー同様、もはや旨さでもイタリアはスペインに抜去られたような気もして来ました。

魚の火の通し方の精密さ、ソースの軽さ、肉の滋味、そして野菜の生き生きとした食感、それから盛りつけの絵画的なセンスは、ピカソにミロ、ダリやガウディを育て上げたスペイン・カタルーニャ人のDNAの仕業なんでありましょうか。高級店も庶民の店も、ほとんどが「どうなってんの、これ!!」とばかりに旨いのです。美しいのです。しかもです、驚いたことに様々な店が日本料理の要素を巧みに取り入れていて、メニューを読むと何気に「YUZUKOSHO」なんて書いてあるんですよ。料理の世界では、ワサビ、テンプラ、スシなんぞはもう国際語になっちゃってますが、よもやスペインが九州の柚子胡椒まで取り入れていたとは…。日本の料理、私たちが感じている以上に、急速に国際化していたのでした。方やイタリアはもう少し保守的で料理店の当たり外れもけっこう大きな国ですが、ここでは、違う。柔軟で先進的、なつおかつ繊細、なんて評論家みたいで変な表現でかっこう悪いですが、私みたいな者にもそう感じさせてしまうのです。ハズレが少なく、平均点が高〜い。しかも、その感激はバルセロナ沖にある、とある島で極めつけとなったのであります。

いざ、スペインの沖縄、マヨキンの島へ。

バルセロナから飛行機でわずか一時間ちょっと。そこには以前から行ってみたかった島がありました。島の名はマヨルカ島(マジョルカと発音するのかと思っていたら、現地ではマヨルカでした)。しかし地中海にあるこの島のことは、実はあまり良く知りませんでした。

昔ショパンが暮らしていたことがあるらしいとか、そんな程度です。ただ調べてみると数百年前はイタリアの島シチリアとマヨルカは同じアラゴン王国という国に属していた、というではありませんか。実はシチリア料理は私の大好物、だとしたら、マヨルカも…妄想は勝手に膨らみ、気付いた時には思い込みは過大な期待に変わってしまっていました。ああ、外れちゃったら、どうしよう。

マヨルカ島の首都は、パルマ・デ・マヨルカです。そこの元修道院だったという宿に泊まったのですが、夜になると宿のレストランは、なにやら外から人が沢山やって来ている様子。レセプション担当に聞いてみると予約で一杯ですという。あら、では旨いのではないか。と、ヤマをかけ空いている日に予約を入れてみました。それがまた…相当にいい店だったのです。ここもまた繊細で美しく、しかもその見た目を凌ぐ旨さのバルセロナ流スペイン料理でしたが、聞けば店の料理を確立した初代シェフは、日本人だと給仕長はいうではありませんか。「いまはサンタカタリナで自分の店を開店していますよ」と説明してくれた後、いきなり日本語でおどけて「オイシーネー!」だと。初代シェフに習った日本語だそうですが。

【VALENTINO GARAVANI】 Suede & Feather Sandal 関税/送料込

宿はなんとまぁ15世紀に建てられたという、とんでもなく広大なオリーブ農園主の屋敷でした。見渡す限り周囲に家屋は一軒も無く、遥か遠くで羊たちが3ミリ程のミニチュア模型のように寝転んでいる姿が見え、オリーブの林が山奥までズズズイーッと限りなく続いています。

屋敷の中には、昔使っていたというロバを使ったオリーブ絞りの巨大な石臼だの、数百切キロはありそうな木製のテコだのが、そのまま歴史的なインテリアに。しかし、鑑賞しようにも、あの恐怖の山道のせいで、いまは喉がカラカラ、おまけに腹ぺこ。とりあえず、なにか食べるモノを、と大農園の母屋にある食堂へ向かいました。まずビール、それから白ワインと何か食事をお願いします。「あいよー」と愛嬌のある兄さんが持って来てくれたのは、島の地酒ワイン。その瓶を指差し彼一言「マヨキン!!」。「はぁ?」「マヨキン!!」。そういえばさっき宿にチェックインした時にも、オーナーの息子が「マヨキン!!」って言ってたっけな。なんだい、そりゃ。すると兄さん、ワインのツマミに持って来たオリーブの実も「マヨキン!!」という。あ、分かった。「マヨルカ産」ってことではないか。

しかもですよ、この冷えたマヨキン白ワインが、旨いこと、旨いこと。思わず親指を立て「マヨキン!」と兄さん伝えると、当たり前だろう、という顔であからさまに得意気です。

【BURTON】☆日本未入荷☆ Burton GORE-TEX 2L Breaker Pants

確かにマヨルカは、スペイン本土とは歴史も違えば、言葉も違う。かつては海で隔てられた別の国だったわけで。確かに島の首都パルマの人たちもバルセロナとは雰囲気が違っていました、いま思えば。

そして、また驚きはこの農園ホテルの夕食で頂点に。ここもまたワインも料理も、もう間違いなしのストライク。ウサギだ豚だと食いましたが、豚がまた沖縄のように絶品。しかもシェフが凄い、三十代前半の日本人女性だったのです。さらには宿の副支配人も日本人女性。ここは日本人でいっぱいという宿では決してなく、むしろ逆です。副支配人の女性には、はるばる沖縄からよくお越しくださいました、とドイツ人、スイス人、イギリス人客ばかりのなかで驚かれましたが、いやいや、むしろ驚いたのは我々の方で。なぜまた、ここで日本人が二人も頑張っていらっしゃるのか。これもボーダーレス時代の世界、そして何よりマヨキンの魅力なのでありましょうか。後日、マヨルカにはドイツ人が三万人以上本国から移住して来ている、と知りました。これもなんだか、近頃の沖縄と似て来ているような…。いずれにしても、マヨキン、私は本気で気に入りましたぞ。また行くよ、マヨキン!待ってろよ、マヨキン!

グランドセール SUS316L 【1個入】 M42x270 六角ボルト(半ねじ) 六角ボルト

沖縄の山登りが、面白くてたまらない。

先だって私は、初めて沖縄の山、東シナ海を見渡す本部半島の主峰「嘉津宇岳」に登った。以来、沖縄の山ばっかり眺めて、うしし、と勝手に喜ぶ変なオヤジと化している。

沖縄の山の、なにがいいの。どこが面白いの。あなたもきっと、そう思っているでしょう。

ところが、その答えは、実際に登ってみるとわかる。どうしようもなく、わかっちゃう。

そいつを確かめてみたくて、私はまたまた近所の山に出かけた。

山の名前は「本部富士」という。通称ではない、れっきとした本名です。

私が暮らす本部町にある富士山。もっとも標高は二百四十メートル、あんれまぁ、と拍子抜けするほどちっこい富士山だ。しかしですよ、腐っても鯛、小さくても富士山だ。

Moschino Small Lettering Charm Bag

だが、そうはいっても、相手はたかだか標高二百四十メートル。見たところ小さな丘のようだし、言っては悪いが、子供だましのお散歩登山だ、ははは、などと小馬鹿にして登ってみたら、やっぱり富士山は魔の山だったのだ。

そう、私は、遭難しかかったのです。マジで。

始まりは本当に子供だまし。

【VERSACE(ヴェルサーチェ)】サングラス★送料負担★

この本部富士という山、入山口はほとんど住宅街のはずれのような場所にあった。なんだか民家の裏庭のただの延長みたいな感じで、ちっとも山っぽくないのだ。しかも、登ってすぐのあたりから階段が整備されている。「これじゃ公園みたいですね、Iさん」「こりゃあ、楽だね」などと、ちょいと富士山を見下した格好で調子よく歩いていったら、不思議にもすぐに登山道は下りとなり、ものの十五分ほどで下山口と思しき平地に迷い出てしまった。「あれ、おかしいね」。我々は入山早々に道に迷ってしまっていた。

新作【ルイヴィトン】ポルトフォイユ・ミュルティプル

それでも「これじゃあ、わかんないよ」などと余裕をかまして笑いながら、我々はどう見てもただの林にしか見えない登山道らしきルートを山頂目指して進んでいった。

【VIPセール!】Valentinoおしゃれ2ウェイトート

日本では沖縄だけという、円錐カルスト地形。

これが円錐カルスト地形というものなのだろう。大小の石灰岩が無数の回廊のように延々と続いてゆく。岩石の先端は鋭く尖り、グローブをはめた手で触れても痛い。前回登った本部半島の主峰「嘉津宇岳」も、石灰岩質だったが「本部富士」は、さらに手ごわい。軽い昼飯ハイキングのつもりだったのに、とんでもなく緊張している。下手に足を滑らせ、石灰岩に身体を打ちつければ、間違いなく大怪我を負うだろうな、血を見るな、などと怖じ気づいている自分がわかる。

だが、ほどなく眼下には東シナ海の海を抱き込んだ、本部の港が見えて来た。

港の入江沿いの家々が、なんだか鉄道模型の街のように妙に整然と見えて、可愛らしい。

どういうわけか私は、昔から港町が好きだった。東京で民放の旅番組を作っていた時分には沖縄から北海道までの全県を巡り、各地の半島や島、港町を取材・収録して歩いた。

青森は津軽の果て、竜飛岬の崖下のある演歌そのもののようだった小さな港町、男鹿半島の入道崎のやはり崖下に小さな番小屋を構えていた老漁師もいたな、などなど頂上を目指しつつ思い出していく。そしていま、眼下に見える本部の港は、沖縄本島で唯一といっていい一本釣りカツオ漁の港町だった。

本部町のカツオ漁は、いまから百年も前の1907年頃から本格化していったという。

まだ台湾が「日本」だった時代の話だ。大正期のピークには30隻近く操業していた、本部の一本釣りカツオ漁船も、次第に衰退し91年からは残った最後の一隻、徳用丸だけが漁に出ていた。だが、その最後の船も81歳の船長とともに2010年限りで引退した。

沖縄本島の専門漁船による一本釣りカツオ漁は、人知れず静かに、百年の歴史の幕を閉じてしまったのだった。こうして大切なものは、いつも音もなく消えていく。

*Paul Smith* ツイスト コンビメッキ リング【すぐ届く】

この間、金沢市内の台所、近江町市場を訪ねた。

久方ぶりに見る市場は路地の連なりから、コンクリートのビルに様変わりしていた。

だが、売られている魚は、香箱蟹にノドグロなど冬の金沢そのもの。しかも、それぞれが驚くほど安い。そこで、一軒の魚屋で何か買おうか店頭の魚を物色していたら、店の女将さんがこういうではないか。「あ、そっちの魚は島根のだから。石川の魚はこっちこっち。

うちは地物も扱っているけどね、よそは他のとこのも多いから」。そう言われてみれば、安いと思ったずわい蟹などは一様に「ロシア産」と記してあり、本場北陸産は値段が十倍だ。江戸時代から続く近江町市場ですら、もはや地魚は一握りということなのか。

けれど、数日後に向かった東京は、そんな生易しいものではなかった。昔から贔屓にしている店で好物の魚の西京漬けを買い求めたら、銀だらも、メカジキも、真鯛も、鰤も、正札に記してある産地表示によれば一部の貝とイカを除いてほぼすべて外国産、フランスにモーリシャス、アラスカにノルウェーにチリ…と来たもんだ。これじゃ「世界の西京漬け」じゃないか。

知らなかった。東京下町に本店を構えるこの店の西京漬けはもう三十年ほど前から愛好してきたが、気づかなかった。いや、以前は原産地表示などしていなかったのだ。

私には、金沢の市場の少ない地魚も、東京下町の外国産の魚の西京漬けも、消滅した沖縄本部港のカツオ一歩釣り船も、すべて同じ糸でつながっているように思えた。



カルストの迷宮で、パニック。

本部富士の登山道に戻ろう。頂上はもう間近だった。登りの最終段階には、カルストの切り立った岩肌に、クサリ場まで登場し、低い山にしては登山気分が盛り上がっていく。そこを越えると足元はもう登山道のそれではなく、雑草で埋め尽くされた獣道といった様相で、草の中に登山靴を埋め込むようにして一歩一歩前進する。ほどなく山頂だった。

石の鋸のようなカルストの岩場が、「本部富士」の山頂だった。そして、沖縄の山はここが素晴らしいのだが、眼下はどこまでも続く瑠璃色の東シナ海だった。山に登ることで、海を、島を、それらを包みこむ水平線を、ほんのひと時だけだが、我が庭にできる。私はそこが気に入っていた。山頂の何気ない昼食もまた、たまらない贅沢だった。

「本部富士。いい山じゃないですか、Iさん」。

だが、帰り道には、思いもよらない迷宮が我々を待ち構えていた。

遅い昼食を終えると、すでに午後三時近かった。リュックに荷物を仕舞い、パンパンにふくらんだ腹で、よたよたと下山に取り掛かった。下山は楽だ。元来た道をたどって下って行けばいい。膝に負担にならないように、のんびりと行けばいいのだ。のんびり、と。

しかし、いつしか我々は、この山の迷路にはまりこんでいることに全く気付かなかった。がれ場に差し掛かり、ふと、気がつくと、なんだか登りと違う風景の中にいるような気がしてきた。気のせいだろう。と、そのまま足を進める。すると、先行のIさんが突然、声を上げた。「行き止まり。この下、絶壁だよ」。

道がなくなっていた。迷ったのだ。また。

周囲を見渡す。おかしい。たしかにこんなふうな地形だったはずだ。だが、石灰岩だけのがれ場だけが続く風景は、どこをみても同じに見える。

「こっちかな」「いってみましょうか」とカルストのがれ場をあちらへ、こちらへトラバースして元来た道を探す。どこにも道はなかった。木があれば赤いリボンテープの目印が、どこかに見え、我々を導いてくれたはずだ。しかし、切り立った灰色の石灰岩だけがゴロゴロと連なるカルスト地形の中では、目印は皆無。そうなるとここは、まるで異星の風景だった。Iさんと顔を見合わせた。どこかで道を間違えた。それすらどこだかわからない。思い出そうとした。再々度、別の方向へ向かった。また、違っていた。

パニックを起こしそうだった。

★ ヴァレンティノ ★ VALENTINO ★ ラベル シャツ ★ コットン

ああ、あのまま進まなくてよかった。だが、それから先の下山途上でも、さらに何度か道に迷った。その度に元来たところまで戻り、道の手かがりを探しながら下って行った。

たかだか標高240メートル。しかし、これほどまでに神経を使う山行とは、誰が想像しただろう。眼下には民家も見え、向こうには伊江島が見える。そんな人の気配の濃い野山で迷宮にはまるなんて。

Iさんが下山しながら話しかけてくる「昔、那須の山に行ったとき、道に迷って、そのま日が暮れちゃってさ」「ひぇー。それでどうなったんですか」助かったから、いまこうしているに決まっているのだが、私などはさっきの迷路の余韻で面白いほどビビってしまっている。あちこち余計な寄り道を重ねつつ、ようやく「公園みたいだ」と軽口をたたいた登山口近くの石段に戻った時には、心底ほっとしたのは言うまでもない。

標高240メートル、累積高低差93メートル足らずの低山に、実に4時間もうろついていたことになる。喉元過ぎれば熱さすっかり忘れて、登山口に帰りつく頃には、またも懲りない軽口オヤジに逆戻り。「ホッとしたね」「これだから素人は危ない」「次からはナタとマーカーリボン、持ってきましょうか」など、無事下山できた安堵感のあまり妙にハイになりつつも「いや、面白かった。迷うのもボーケンだよ」とかなんとか、まことに突っ込みどころの尽きないオヤジの山行きとなったのだった。

グランドセール SUS316L 【1個入】 M42x270 六角ボルト(半ねじ) 六角ボルト

単純で、率直な、幸せ。 

少し前、私は山登りを始めた。偶然見かけたテレビに、すぐ近くの山が映っていたのである。その山頂からの眺望に、目を疑った。とほうもなく気持ちのいい景色だったのだ。私は呆気にとられた。

恥ずかしい話だが、これまで私は沖縄本島には山だとか登山ルートなんてない、と勝手に思い込んでいた。それが「ある」と番組では言っている。顔見知りであるアウトドアショップの店長まで番組に登場して、登山道やら山歩きのことをしゃべっている。

学生時代、私は北アルプス立山の山小屋でひと夏、山の荷物運びのアルバイトをしたことがあった。毎朝4時に起き、一日中、山を歩き回って働いた。それはもう楽しかった。

その時身体で覚えた夏山の清々しい気持ちよさを、テレビに映った山頂からの絶景が一気に思い出させた。

山、登るか。また。

取り急ぎアウトドアショップに出かけ、最低限の道具を揃えた。

【SALVATORE FERRAGAMO】 vivaスリングバック

店員の「あ、ニュージーランド産のウールですよ、この靴下」という一言に負けた。

ロンシャン レディース トートショルダーバッグ L1500 412 067

22SS ルイヴィトン コリエ・LVサンライズ モノグラムネックレス

けれど、笑ってはいけませんよ。これがけっこう面白かったのである。

【ZYGA】ワンピース リネン 100% ノースリーブ スパンコール

「あれ、なんかすぐですね」。

ところが登山口に据えられた入山掲示板をみると「険しい」山だと書いてある。本当かね。

「ま、行ってみようよ」と、緑のトンネルのような入山口の石段を登り始めた。と、10月だというのにけたたましい蝉の鳴き声に全身を包まれた。蝉どもの大合唱「歓喜の歌」と付き合っていくと、早くも石段は終わり、水の涸れた沢のような道を過ぎ、次第に石灰質の岩が露出したガレ場が多くなっていく。いや、多いなんてものではなかった。岩と岩の間に、登山靴をねじ込み、僅かな土に露出した無数にのたくる樹木の根を踏みしだいて、前進する。山道というより、岩場歩きだ。バランスを崩して岩に身体をぶつけたりしたら、「やばいね。これは一発で怪我するね」と声を掛け合う。山行の汗か、冷汗か、汗が噴き出していく。周囲にはクワズイモが群生し、亜熱帯性の樹木が頭上をドームのように覆う。その間を、時折、涼やかな風が吹き抜ける。あれほど煩かった蝉の大合唱は、やがて下から聞こえるようなっていった

斬新QEEBOOスタイル!!★メキシコのスツールとサイドテーブル2

《☆超人気☆》Reebok☆Classic Leather☆WHITE/BLUE (FX1289)

なにせ他の山も背が低いから、本部半島最高峰の嘉津宇岳から眺めれば、視界に遮るものなど何もない。まるで空中に自分が浮かんでいるかのように、360度すべてが見渡せた。

黄緑の蛍光色に輝くサンゴ礁。辺戸岬へと無限に続くような深い森。名護市内の箱庭のような街並み。魚眼レンズで見たように弓のようにはっきり湾曲した水平線。そして数々の離島の島影。空ゆく雲が、眼下の森に黒い影を作っては、風に流されて移動していく。

沖縄本島のほぼ半分近くが、いま、この手の内にあった。

ARMANI EXCHANGE ベルトバッグ BK 952320 1P007 02521

腹が減っていた。気持ちよく疲れていた。喉はカラカラだった。

握り飯を頬張ると、身にしみた。

小さな弁当箱に入った、おかずの卵焼きが甘かった。

そして、目の前には、やんばるの森と海が、島影に重なり合いながら、どこまでもどこまでも連なっている。千切れた白い雲が、気ままにふんわりと泳いでいく。

うまいなぁ。山の昼飯は、途方もなくうまい。

単純に、率直に、幸せだ。

たった一時間ほどの山歩き。しかし私は、癖になりそうだった。

Carhartt カーハート☆メンズ半袖 ポロシャツ☆

「Iさん、次は富士山にしましょうか、本部富士」。

沖縄の富士山、本部町にそびえる本部富士は沖縄で最初に認定された「日本の故郷の富士」だ。ただし標高は240メートル。笑ってはいけない。そびえる?姿もミニ富士山といった立派な山容なのだ。そこでまた、汗をしこたまかいて、手作りのお握りを頬張るのだ。

そいつはきっと、今日のようにたまらなく贅沢な昼飯に違いないのだから。

ネジナラ 細目六角ボルト(全ねじ) ステンレス M16×75×1.5 (50個入)
GUDNETBAZAAR.COM RSS